お子様のケアに不安な方へ

介護士と老人

共働きでも安心できる

宇都宮で話題の放課後等デイサービスとは発達障害や知的障害などの症状を持つ障害児を対象に、児童福祉法に基づいて提供される学校外のサービスです。主として小学校や特別支援学校などの授業が終わった後の時間や、学校がお休みの土曜日、夏休みや冬休みなどの長期休暇中に利用し、勉強やスポーツ、体験学習などを行ったり、調理実習や様々な遊びなどを通じて社会的な行動が身につくよう支援してくれます。宇都宮にも放課後等デイサービスを提供する施設が増えており、一定の手続きを踏むことで利用がスタートできます。宇都宮で放課後等デイサービスが人気なのは、障害児の生活や成長、将来などについて不安を持つご家族が、児童指導員や保育士、機能訓練士や看護師などのケアスタッフのもとで他のお子さんとのコミュニケーションを図りながら社会的生活を積んでいく経験ができる点にあります。コミュニケーション力が不足している、他の子より行動が遅い、突然、集団から乱れてしまうなどの悩みを抱えながら、ご家族だけと過ごしていると、なかなか成長ができません。そこで、放課後をはじめ、土曜日や長期休暇の間も利用して共同生活を送ったり、専門のスタッフのもとで指導や教育、サポートを受けることで、お子さまの成長が期待できるのが人気です。ご家庭によっては共働きなどの場合もあり、学校や自宅との送迎サービスもある宇都宮の放課後等デイサービスはお子様を一人にしないという面でも安心で人気があります。

Copyright© 2018 有料老人ホームは予算だけで決めるのはNG【希望に合わせて選べる】 All Rights Reserved.