快適な施設生活のために

車椅子

「楽しい」老後を送れます

特別養護老人ホーム、介護老人保健施設と並んで一般的な介護のサービス形態の一つ、それが有料老人ホームです。有料老人ホームは、よりよいサービスを提供することで利益を上げることを目的としています。そのため、ご利用者の生活の質について、高い基準を設定している企業が多いも特徴の一つです。ここでは老後を快適に過ごすための方法として、有料老人ホームについてご紹介させてください。まず、有料老人ホームには「介護付」、「住宅型」、「健康型」の3種類があります。「介護付」は、一般的な老人ホームのイメージと大きな違いはありません。特別養護老人ホームの入居待ちの間、介護付き有料老人ホームに入居する方もいます。しかし、介護度が重い方と軽い方のフロアを分けている施設も多いため、介護の必要がほぼない方であっても、入居してから戸惑うことは少ないかと思います。次に「住宅型」は、より介護度の軽い方が入居する印象です。介護サービスが必要になれば、別途介護着業者との契約を行います。最後に「健康型」は日本には数件しかありませんが、文字通り介護が不要な方のみが入居できる老人ホームとなります。介護サービスが必要になれば、退去しなければなりません。例えば有料老人ホームのイベントの例としては、「歌舞伎を見に行く」、「外食をする」などのバスツアーが組まれることがあり、退屈する間もありません。ご家族の同意があれば、集会所で囲碁を打ってくる、なんてことも許可されることも。介護の技術も、多くの企業では研修を実施しており、特別養護老人ホームに勝るとも劣らないレベルの有料老人ホームも少なくありません。興味があれば、ぜひ一度見学に行ってみてください。これまでの介護のイメージを覆す、素晴らしい施設との出会いが待っているかもしれません。

Copyright© 2018 有料老人ホームは予算だけで決めるのはNG【希望に合わせて選べる】 All Rights Reserved.